カジノ管理委員会は日本の賭博業界を永久に変える

cac

日本政府は、カジノ中心のリゾートプロジェクトを監督するために特別な組織を設立しました。カジノ管理委員会(CAC)は、強い権限を持つ独立した組織になります。 2019年7月1日に設定された設立当初の日付に遅延を引き起こしたいくつかの懸念の後、それは最終的に2020年に営業を開始しました。

 

元福岡県高等検察庁長官の北村道夫氏がCACを率い、4人のアソシエイトを務める。国税庁名古屋地方税務局の元首席代表、氏兼広之氏。精神科医渡り美智子慶應義塾大学大学院のエネルギー科学教授である遠藤典子。かつての警視庁警視庁長だった樋口建史。

 

「日本のギャンブル業界は2021年に劇的に変化するでしょう」とThe Open Gaming Society Japanのカジノ専門家であるMidori Touahriyaいます。

 

委員会は、公正取引委員会や国家公安委員会と同様に強力な独立した権限を持ちます。また、日本における3つのIRの場所に関する地方自治体の決定において重要な役割を果たします。

 

委員会は、カジノのライセンス供与と外部局としての運営を監督します。また、法律に違反した場合に免許を取り消すなどの行政手続きも担当します。

日本政府は、国のIRオペレーターを管理および監督するために、キャビネットの外部部門としてCACを設立しました。カジノ運営に必要な免許の付与に加え、ギャンブル問題やマネーロンダリング対策も行います。

日本はまもなく基本方針を策定し、CACの意見を取り入れ、IR施設の基準を設定します。地方自治体や事業者からの申請は、2021年1月から2021年7月の間に受け付けられ、最大3つの場所が認定されます。これらの施設は、10年の中頃にオープンする予定です。現在、横浜、大阪、和歌山、長崎は入札の意向を発表している。北海道も千葉も撤退した。

腐敗スキャンダルの中で、IR担当の武田良太総務大臣は「市民の信頼を得る公正で公平かつ独立した組織を運営したい」とコメントした。