3.11を迎えるにあたって

 地震、津波に対する備えを忘れず、原発事故被害の惨禍を再び繰り返すことのないよう、国民皆様と共に努めて参りたいと考えます。

 ここに慎んで、お亡くなりになられた皆様のご冥福をお祈り申し上げますと共に、今も避難されている皆様や被災された皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

新党改革代表 荒井広幸

コメントは停止中です。

このページの先頭へ