新党改革
 

 
 新党改革党員紹介
 
荒井広幸
新党改革 代表
参議院議員(全国比例)

昭和33年 自由民権運動発祥の地、農村の福島県田村郡に、平凡な両親共働きの長男で生まれる。
 家系に政治家はいない。
 小中高と生徒会長
昭和55年4月 早稲田大学雄弁会幹事長(全国座談遊説を展開)。
昭和62年4月 福島県議会議員に28歳最年少当選(トップ当選)。
平成2年2月 衆議院議員選挙に出馬するも落選
平成5年7月 第40回衆議院総選挙にて4万7476票で初当選。
 総理大臣の登竜門といわれる衆議院議員運営委員会議事進行係。
平成8年10月 第41回衆議院総選挙にて9万1747票で2期目当選。
 自民党遊説局長として橋本総理と選挙応援で全国行脚。
 党総務、国対副委員長もすでに経験。
平成12年7月 第42回衆議院総選挙にて3期目当選。
 (コスタリカ方式で東北ブロック比例区)
 自治政務次官(地方分権とIT発展に尽くす)。
平成13年1月 自由民主党総務部会長。
 (市場競争一辺倒に警鐘を鳴らし、郵政で持論展開)。
平成13年4月より 早稲田大学客員教授・講師。
 (全学部・全学年対象に単位制)。
平成14年10月 政調副会長(総務担当)。
平成15年6月 「少子化社会対策基本法」の提出者として成立果たす。
平成15年9月 副幹事長。
平成15年11月9月 第43回衆議院議員選挙に惜敗率85%で落選。
 (9万4413票)。
平成16年7月 第20回参議院議員選挙に当選(17万9567票)。
 「年金通帳」制度提唱。
平成17年8月 自民党を離党し新党日本を結党(幹事長)。
 「国民監査請求」制度提唱。
平成19年7月 自由民主党と統一会派結成
平成20年8月 改革クラブを結成 幹事長に就任。
 その後自由民主党と統一会派結成
平成21年4月 新党改革を結成 幹事長に就任
平成25年7月 新党改革 代表に就任
あらい広幸オフィシャルブログ
 

 
  平野達男 参議院議員
平野達男公式Webサイト【ホームページへ】
  浜田和幸 参議院議員
浜田和幸公式ホームページ【ホームページへ】
 
       
 
→ ホーム
→ 活動
→ 政策
→ 議員
→ 党について
所在地・アクセス
新党改革事務所
東京都港区赤坂2-8-15 オリエントニュー赤坂202
電話番号 03-6277-8105 FAX番号 03-6277-8115
Copyright (c) 2013 新党改革